読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくらのクローゼット

埋もれている価値観の中から新しい楽しみと
生き方をいっしょに見つけていくメディア

男達へ愛を込めて

~学ぶ~ ~生きる~ 川崎貴子さん

【黒魔女の恋愛指南vol.9】

前に缶コーヒーのCMで、「男ですいません。」っていうのがありましたよね。若者や大人の男達が遊んだり、喧嘩したりしてる映像の最後に「男ですいません!」っていう文字が表示される「あれ」は、そんなに昔のものではないので記憶に残っている人も多い筈。
そのCMを初めて見た時、「キミ達は本当に、ちゃんとその意味解ってる?」と疑いながらも、そのあまりな無邪気な様子に、ちょっぴり男性という生き物が羨ましくなった記憶がございます。

我々女性から見ると、男性は本当に訳のわからん生き物です。
「俺たちはいつまでも子供なんだ!」と言い張る割にはプライドが高いし、いきなり何かと戦ってるかと思えば、急に戦意喪失したり・・・。
女達は、男達の理解不能な「ホモソーシャル・ルール」と「謎のやる気スイッチ」にいつも困惑しては、次第に「そんなものなんだ。」と諦観を覚えます。

だってそもそも皆さんは、女の話をまともに聞いてませんよね?

遅くなる時は電話の一本もしてくださいよ。
どんなに忙しくても、ラインのひとつぐらい打てるでしょ?
テレビ見てても返事ぐらいしてよ。それ、本当に聞こえてないの?
この話って前もしたよね?まさか覚えてないの?
なんでそんな大切な事をもっと早く相談しないの?
子供にYouTube見せっぱなしでお菓子食べさせ放題を「面倒を看た」とは普通言えないし、美容院から帰って来た日に「ずいぶん髪の毛伸びたね。」って、キミは毎日私のどこを見てるんだね?
最近愛情表現が足りないんじゃない?とクレームを付ければ「言わなくてもわかるだろ」とよくおっしゃいますが、「わかるわけねーだろ!」「そんな出し惜しみして減りでもするのか!」と、全国の女性達を代表してここでシャウトさせていただきます。

ま、男性から見れば、我々女性もきっと不可解な生き物なんでしょうね。

結論の無い話をとりとめなくするし、何に効いてるのか解らない化粧品を何本も塗りたくっているし、痩せたいと言いながらスイーツ食べてるし、喧嘩すれば大昔の話を蒸し返すし、突然泣くし、気分はすぐ変わるし、買い物は長いし、「察してよ!」と言って拗ねるし、裏表激しいし、ルールなんかより自分の感情が大切だし、「愛」とか「幸せ」が無ければ生きていけないし、だからこそそれを無尽蔵に要求するし・・・って、書いていて思いました。こちらこそ「女ですいません。」

我々はきっと、例え何歳になろうとも、どこかが欠落した半人前なんですね。
男性性が強い女性も、女性性が強い男性も、同じようにやはりどこかが欠けている。
その欠けた何かを追い求めるように半人前同士が惹かれあい、お付き合いしたり、結婚したり、パートナーになったり、一緒に仕事をしたりして協力し合う事でやっと、私たちは一人前になれるのかもしれません。

こちらの連載は今回を最後にしばらくお休みをさせていただきますが、私としては初めての男性向けコラムで、とても意味のあるチャレンジでございました。
お互いの特徴を知り、理解し合う事で、折角惹かれあった男女(もしくはそれぞれの特性を持つ者同士が)が争ったり、理解不能であると思考停止してしまうことは本当にもったいない。別の特性を持った者同士が、家庭や仕事場、社会において、仲良く協力し合える関係に発展する事を目指し、今後もあちこちで執筆活動を続けて行きたいと思います。

最後に、長い間このコラムを読んで下さった皆様に心からの感謝を。

川崎貴子



 

ぼくらのクローゼットについて

Copyright © S SQUARED. All Rights Reserved.