読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくらのクローゼット

埋もれている価値観の中から新しい楽しみと
生き方をいっしょに見つけていくメディア

「わかっちゃいるけどやめられない」習慣が、腸内フローラをダメにする。

~学ぶ~ ヒキさん

こんにちは、ぼくクロ編集部員のヒキです。

ある日の編集会議で、「最近、おなかの調子が悪い」という発言がありまして…。

それを聞いた編集部員のみなさんから、「俺も」「ぼくも」と声があがり…。

 

便秘などのお腹の不調は、女性特有のものだと思ってたので

なかなか意外だったのですが、

「じゃあ、腸内フローラについての記事もあるんじゃない」ということになり

私が書くことになったんです…。

 

腸内フローラ。

腸内菌全体を指すのですが、

個数にして100兆個(一説には1000兆個とも)…。

菌を集めると、なんと1.5㎏ほどあるそうで…。

 

あまりに壮大すぎて筆がぴったりとまっておりました。

(編集部のみなさん、すみません…)

 

で、その腸内菌は善玉菌と呼ばれるもの、

日和見菌、悪玉菌と、大きく分けて3つに分類でき、

善玉菌が優勢だとお腹の調子も良い…ってことなんです。

 

あと、病気をやっつける「免疫細胞」っていますよね。

免疫細胞の多くが腸内で作られるそうで、

割合としては7割とも8割とも言われおります。

 

免疫細胞を強くする、イコール健康ためにも、

腸内環境を良く保つことが、すんごく大事〜!ってのが、

ざっくりとした「腸内フローラ」の説明であるんですが…。

 

そんなこと書かれてもねぇ、ぼくクロ世代のみなさん、

面白いかなぁ…とか思っちゃったり…。

ネットではこういう情報はゴロゴロ転がってるじゃないって

思っちゃったり…

(決して原稿、遅くなった言いわけじゃありませ…ん…)。

 

腸内環境を整えるなら

  • 良い菌を摂る!

 →ビフィズス菌とか乳酸菌が代表格。ヨーグルトはもちろん、

 おつけものなんかの発酵食品も◎。

  • 食物繊維を摂る!

 →食物繊維は便のもととなって排泄を促すだけじゃなくて、善玉菌のエサにもなる。

  • 添加物の多い食品を避ける!

 →腸内菌を減らしてしまうのでNG 。

 

「上記のことに注意して、生活しましょう。

腸内の環境を守るのが健康への近道ですよ」

なんてこと書いても、「ま、出来るんならとっくの昔にしてるよね」みたいな

お声が聞こえてきそうで…。

(原稿が遅れた言い訳じゃありませ…すみませんすみません)。

 

私自身、「健康法は分ってはいるけど」…という状態で、

この夏、長期にわたってお腹の具合が不調でした。

こころ当たり、あります。

「生活の変化」と「晩酌」。

 

わたくし事で恐縮ですが、労働形態が最近、がらりと変わりまして…。

自宅で作業することが増えて、

娘(9歳)と一緒に過ごす時間も増えたのですが、

この娘が、反抗期に突入したようで…。

 

今までに無いタイプのストレスと

向き合っている状態なんです(ま、たいした事はないんですが)。

 

連日「自分へのごほうび♡♡」なんて晩酌してたら

もうすっかり、腸内フローラは悪玉菌がわんさかの状態に。

 

お酒は、度が過ぎると腸内フローラをダメにします。

ストレスも自律神経や交感神経の働きを乱すため、

腸に悪影響を及ぼすらしいです。

 

ストレス解消として飲酒するというのは

ダブルで良くないみたいですね。

ぼくクロ世代の方も、ついついやっていませんか?

「ストレス解消と称する飲酒」。

 

飲酒に関しては、まぁ、量的にセーブするしかありません。

残る問題は、ストレスです。

ストレスを解消するには、

「原因から距離をおくのがよい」とか言われていますが、

まさか仕事を辞める訳にはいきませんしねぇ…。

 

改めてストレス解消法を考えると、なかなか難しいもので、

また筆がとまってしまいました…。

もちろん、趣味を楽しむというのもあるでしょうが

改めて自分のことを考えると、

「何も考えずに散歩する」っていうのが、

結構よい解消法になっているんじゃないかと思います。

ストレスが多いぼくクロ世代のみなさんは、

何か良いストレス解消法をお持ちですか?

 

カンタンにできる、自分なりのストレス解消法を持つというのも

腸内環境を整えるのに大切なんじゃないかと思います。

 

人生80年。まだまだ、半ばでございます。

カラダを大切に、まだまだ楽しんでいきましょう!

ぼくらのクローゼットについて

Copyright © S SQUARED. All Rights Reserved.