読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくらのクローゼット

埋もれている価値観の中から新しい楽しみと
生き方をいっしょに見つけていくメディア

意外な訪問者

今年もいよいよ残すところ数日となりました。どんどん時が駈けてゆく。。。この頃とみにそう思います。「光陰矢の如し」という誰もが知っていることわざですが、「時間」という言葉がなかった頃は「光=日」と「陰=月」で「時」の概念を表していたようです。…

農園はさまざまな人生が交錯する場所でもある

今年も残すところわずか。 11月中旬に例年通り伊勢大神楽(いせおおかぐら)の一行がこの集落にもやって来て、一軒一軒を回り玄関先で笛・太鼓付きの獅子舞を舞ってくれました。何百年もの間の巡る季節の中でずっと旅をしながら行く先々で披露されてきた芸能…

内に潜む思いに駆られて

みなさんは、二十四節季をご存知ですか? 非常に粗く言ってしまうと、一年を24等分し、季節の節目を示す言葉です。みなさんに馴染みのある言葉だと、春分や秋分や冬至でしょうか。 太陰暦(昔の暦です)に基づいているので、年毎に少しづつ変化します。最…

春です。巡る季節の中で。

もう3月も終わりで恐縮ですが、3月に入り6日前後の啓蟄(けいちつ)の頃になると身体がそわそわしてきます。啓蟄(けいちつ)というのは、冬眠していた虫たちが穴から出てくる頃の意味ですが、まだまだ寒く、実際に虫を見かけるのはもう少し後。ただ、畑の準…

永遠のレシピ

温かい冬やなあ。。。。と思っていたら、いきなりの寒波で、そして、昨日はこの時期にしては非常にめずらしい大雨。 記憶する限り2月に畑が水に浸かるというのは、この21年で初めての出来事です。 当地は比較的寒いので種蒔きまでまだしばらくの時間があ…

「季節、そして、食べるということの風景」

全く寒さを感じない今年の師走も幕を閉じようとしています。 みなさんの一年は、いかがでしたか? 個人的には、この歳になると(47歳)、無事に新年を迎えることのできる有難さが身に沁みるようです。 当たり前だと思い込んでいたことが、実は、有難いことな…

旅する獅子舞

~ひゃらら~ みなさんは、これが何の音かわかりますか?そう、まさしく笛の音です。 毎年、この時期になると、狭い距離を挟んで両側に迫る山々に囲まれた私の集落に、風に乗って流れるように響きます。その音色は普段耳にする音楽とは異質であるけれども、…

米、何石とれた?

今の季節、全国津々浦々で稲刈りの風景を目にすることだろう。その風景の片隅では、現代でも一行目のような会話が交わされていたりする。傍らで聞くと、ある職集団において使用される特殊言語のような雰囲気が漂っているかのようだ。 ‘‘いし’’ではない。そう…

暮らしを、遊ぶ。

みなさんは、「有機農業」をご存知だろうか。 農薬と化学肥料を使わず、土中の無数の微生物や虫、鳥、雑草など様々な命のつながりを最大限に生かす農業である。 私は21年前に大阪を離れ、ここ丹波篠山に移住した。新しい暮らしへの熱にうなされていたのだ…

ぼくらのクローゼットについて

Copyright © S SQUARED. All Rights Reserved.